2020年6月13日 (土)

オナニーチャット

不倫の代償は高額の慰謝料の請求だった。不倫と言ってもオナニーチャットしていただけなのに。
確かに彼女が人妻であることは知っていた。というか、それより何より、彼女と出会ったサイトが「エロい人妻のオナニーチャットがてんこ盛り!」などと言う不倫人妻オナニーチャットサイトなんだから。
別に俺だって、このサイトでエロい人妻を旦那から略奪して俺の嫁にしいたい、などと思っていたわけではない。だいたい、人妻が売りのサイトで本気で不倫なんて考える男がいるか?そもそも、本当に人妻なのか?昔、通い詰めていた人妻ファッションヘルスで、本当に人妻が出てきたことなんてなかったぞ。
それはともかく、彼女とは2~3回ツーショットでオナニーチャットをやった。本当に人妻かどうかはともかく、エロいヒダヒダが「奥さん、使い込んでますな!」て感じではあった。そんな彼女を気に入って、彼女が宣伝用に開設していたSNSもフォローした。「私のばっかり見られて不公平だなあ?」なんて言われてチンコ写真を送ったりもした。
ライブチャットが無料
そして、そのSNSを通じて旦那からクレームが来たのだ。
旦那は俺と彼女が不倫していると思っているようだった。その後、彼女はサイトから姿を消してSNSも更新しなくなったので、おそらく旦那にバレて止めさせられたのだろう。それは個人の事情なので「ご愁傷様」としか言いようがないが、オナニーチャット(しかも商用)していただけで不倫疑惑を抱かれるのは何か違う。慰謝料を要求されたが、そんなもん出るとこに出たらこっちが勝つに決まっている。俺みたいな不特定多数の男性相手にオナニーで金を稼いでいた女の旦那だ。きっと、ろくでもない奴なのだろう。バーカ!バーカ!
だが、実は彼女に送ったチンコ写真が旦那に発掘されたようで、突きつけられて「これを買うかバラまかれるかどっちにする?」と脅されてね・・・彼女と旦那がグルだったとは思いたくないが、高い買い物ではあった。気を付けよう、暗い夜道と怪しい人妻。
オナ指示掲示板
エッチな電話

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ